在籍確認の仕方について

MENU

どんな風に在籍確認がされるのか?

消費者金融に限らずほぼ全てのキャッシングにおいて、審査の最終時点で必ず「在籍確認」を行いますが、初めてお金を借りたいと思っている人にとっては耳慣れない言葉だと思います。

 

ここでは在籍確認について、わかり易く解説していきます。

 

在籍確認をしている女性オペレーター

そもそもこの在籍確認は、本人確認の延長のようなもので、「本当に申請通りの会社に在籍をしているか?」をキャッシング会社が勤務先かけて確認を行う電話の通称です。その人の勤務先を正確に把握することで、返済能力を下調べする意味合いもあります。

 

電話の内容としては、「山田と申しますが、誰々さんはいますか?」のように、親族や友人から電話がかかってくるような感覚で、必ず会社名を出さずに個人名を使って電話をしてくれます。

 

従って、不審な会社から電話が掛かってきたけど大丈夫?と社内の人に怪しまれる心配もありません。消費者金融の名前は絶対に言わないので、その辺はとても良心的です。

 

キャッシング業者としては申込者がそこで働いているかどうかを確認したいだけなので、「在籍」していることさえ「確認」できればそれで良いわけです。

 

仮に席を外していたり、外出していたりしても問題ありません。

 

また、こちらの都合が良い時間帯指定にこたえてくれる業者も多くなりました。お昼時は会社に人が少なくなるので電話に出やすいなどの事情があれば、こうした在籍確認の時間指定もお願いするといいでしょう。

 

派遣社員の場合の在籍確認には注意が必要

派遣会社に勤めているときは、登録先と実際の職場の両方にかけてくることがあるので注意が必要です。

 

派遣会社に登録だけして実際には働いていない人もいるので、勤務先の方へかけてくる場合があり、申込書には登録先と勤務先を書かされるときもあります。ただし、一般的には派遣元の情報を申請することが多いです。

 

派遣会社に登録していて派遣先がまだ決まっていないときは、後日派遣先を伝える形にしておけば在籍確認として通ることもありますが、不安な方は予めオペレーターに相談してみましょう。

 

在籍確認に関する疑問を解消

在籍確認が初めてという方は、色々な疑問や不安があると思います。ここではよくある疑問に対しての回答を記載するのでご参照下さい。

 

申込みをした直後に電話がかかってくるの?

融資まで時間がかかる銀行などでは、在籍確認は2〜3日後に電話がかかってくることが多いです。即日融資してくれる消費者金融であれば、融資審査の最終段階で在籍確認を行うので申込完了後30分〜1時間程度を見込んでおけばOKです。

取引先の会社名を名乗って電話をしてもらうことは可能か?

真っ当なキャッシング業者ではNGです。原則、担当者の個人名で在籍確認の電話が掛かってきます。
銀行の場合は、申込者が希望すれば銀行名で電話をかけてくれる場合もあります。

電話に出た人に要件を聞かれたら何て答えてくれるの?

キャッシングでお金を借りるための審査であることを第三者に伝えることは貸金業法で禁止されているので、多様な回答で上手に誤魔化してくれます。
「個人的な要件なので」「携帯にお電話するようにします」「また改めてお電話します」など、様々な回避方法を業者も持ち合わせているので心配する必要はありません。

会話の内容で在籍確認だとバレる心配はないの?

申込者本人に電話が取り次がれて初めて業者名を名乗ります。その後の会話としては、「在籍確認が取れましたので、引き続き審査を進めてまいります」「生年月日は○○でお間違いありませんか?」といったように、「はい、はい」と答えれば良い内容なので、会話の内容で怪しまれる心配もありません。

自分に電話が掛かってくること自体が怪しまれてしまう場合はどうすればいいの?

勤めている会社によっては、仕事に関する電話か分からないような個人名で掛かってくる電話には「個人情報に関することはお答えできません」という対応をするような場合や、そもそも自分宛てに電話が掛かってくること自体が不自然で怪しまれるという場合もあると思います。事前にそうしたことが分かっているのであれば、業者に相談してみましょう。
在籍確認は原則必須の審査項目ですが、やむを得ない場合には職場への電話以外の方法で在籍確認をしてくれる業者もあります。(もちろん、申請した会社に属していることが分かる書類などを提出する必要はあります)

キャッシング業者もお金を借りてもらうことが商売ですので、こちらのリクエストや相談には可能な限りのってくれます。お金を借りたいと思った際に、何かしらの障壁があるのであれば遠慮なく相談してみましょう。