総量規制によって消費者金融での上限額が変わった

MENU

総量規制によって消費者金融は上限金額に規制を受ける

虫眼鏡

総量規制は、年収(総支給額)の3分の1を超える貸付を行ってはいけない、という貸金業者に対してのルールです。

 

つまり、年収(総支給額)が300万円の人はキャッシングの限度額が100万円ということです。

 

多重債務者を増やさないようにするのが目的の法律となっていますが、総量規制の対象と対象外の2つが存在しています。

 

総量規制は貸金業法の一環なので、対象となるのは消費者金融・信販会社・クレジット会社となり、銀行カードローンは関係ありません。

 

「じゃあ年収の3分の1を超える金額でも銀行だったら借りれるの?」と安易に思いがちですが、そうでもありません。

 

そもそも銀行カードローンは、消費者金融よりも厳格な審査をしているので、銀行で総量規制以上の金額を借りられるかは、申込者の属性によって大きく異なります。

 

【年収1000万円の3分の1】と【年収500万円の3分の1】とでは可処分所得がそもそも違いますよね。

 

この人の返済能力だったら問題ないだろう、と判断してもらえれば銀行で年収の3分の1以上を借りる事もできるのです。

 

年収の3分の1という数値が法律で定められたことで、自身が借りられる上限の目安を知ることができるようになったのはメリットといえるかもしれません。

 

総量規制と関係の無いもの

総量規制には【除外】と【例外】という扱いがあります。

 

除外の場合には、単純に無視しても構わない貸付ですが、例外の場合は総量規制の対象となるものの例外的に扱うことができるという意味です。

 

除外

  • 不動産に関する貸付
  • 車購入に関する貸付
  • 高額医療費の貸付
  • 有価証券担保貸付
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付

 

例外

  • 顧客に一方的有利となる借り換え(おまとめローン)
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払う為の貸付
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付
  • 個人事業者に対する貸付
  • 預金取り扱い金融機関からの貸付を受けるまでのつなぎ資金に係わる貸付

 

仮に上記のような【除外】に分類されるお金を借りていたとしても、総量規制には含まない(除外する)ので、その分を考えずに借り入れをすることは可能です。

 

住宅ローンやマイカーローンを組んでいたとしても、キャッシングの借入額とは何ら関係はありません。

 

対して【例外】は、総量規制の中での貸付として扱われますが、年収の3分の1を超えるものであっても返済能力があると判断されれば借りてもOKというものです。

 

一般的に【例外】の中でお世話になる人が多いものは、おまとめローンぐらいです。

 

おまとめローンの場合、借入額が年収の3分の1を超えたとしても「顧客に一方的有利となる借り換え」なので、おまとめローンの審査に通れば問題なしという事です。

 

総量規制は多重債務者を増やさないのが目的なので、ある程度の幅は持たせてあるのが特徴です。

 

しかし専業主婦など収入が無い人が、消費者金融で生活費を借りる事ができなくなったのは事実です。

 

専業主婦がお金を借りる場合の現実的な方法については、→こちらのページをご参照ください。