お金を借りる際の審査基準について

MENU

お金を借りる際の審査に通過するための知識

財布を持っている女性

キャッシングでお金を借りたいのであれば、最も重要なことは、審査に通過することです。借りた金額は元金だけではなく、利息金額も含めて返済しなくてはいけません。

 

これからお金をキャッシングで借りようとしている自分に、その返済能力が本当にあるのか?それをしっかりと金融機関に認められることができなくては、キャッシングを利用していくということはできません。

 

審査基準はブラックボックス

どういった審査が行われ、どういった条件の人が融資を利用できるのか、そういったことを明確に知ることができれば、不要な審査落ちを避けることもできます。

 

しかし、現在どの金融機関でもキャッシングやクレジットカード発行など、信用情報を基にした審査の基準を明確に発表しているとこはなく、完全なブラックボックスになっています。

 

キャッシングを利用したことのある人から、審査結果の傾向を知ることしか、基準を知ることができる方法はありません。

 

しかしある程度の基準は常識として知られている

しかし多くの場合、キャッシングでお金を借りるための審査というものは、どういったポイントを重視しているのかは一定の傾向があります。そのポイントとなる要素は以下のようなものです。

 

  • 現在どのような仕事をしているのか
  • 現在の職業に就いて期間はどれぐらいか
  • 現在の住まいは賃貸か持ち家か+居住年数はどれぐらいか
  • 過去にキャッシングを利用した際の返済状況は問題なかったか
  • 現在他社からのキャッシングをはじめとした各種の融資を利用しているか

 

キャッシングは担保・保証人がなくてもお金を借りることができる仕組みなので、申し込んだ人に本当に返済能力があるのか?を見極めることが、お金を貸す側からすると最大の焦点となります。

 

そのため、「真面目に仕事を続けていて、現在の借金額が少ない人」が好まれる傾向にあります

 

正社員じゃないと借りれないのか?

スーツを着ている男性

勤続年数が3年以上で平均年収ぐらいの正社員が審査に通りやすい傾向にあるのは間違いありません。勤続年数が長ければ長いほど有利になります。

 

しかし、フリーターや非正規社員、パート主婦であってもお金を借りることは不可能ではありません。

 

消費者金融の場合には、年収の3分の1以上を借り入れができないという「総量規制」に抵触するので、年収に見合った金額であれば借りることは可能です。(※総量規制の対象外である銀行であっても年収と借入額には相関関係があります)

 

毎月一定額の収入があれば(金額の大小はありますが)キャッシングでお金を借りることはできるのです。

 

ただし、働き始めてまだ3ヶ月…などという、あまりに勤続年数が短い場合には返済能力に疑問を持たれて審査落ちしてしまうリスクが高いので気をつけてください。