専業主婦が旦那さんに内緒でキャッシングを利用する方法

MENU

専業主婦が旦那さんに内緒でキャッシングする方法はただ1つ

考え事をしてる主婦

専業主婦が旦那さんに内緒でキャッシングでお金を借りるのは、総量規制の施行によって選択肢が非常に少なくなってしまいました。

 

そもそも収入が無い人は、総量規制によって消費者金融や信販会社(クレジットカードのキャッシング)を利用することができなくなったからです。(※総量規制の詳しい解説は→こちらのページをご参照ください)

 

家計を切り盛りしてきた専業主婦が、こっそり消費者金融からお金を借りて生活費を賄っていたというケースもこれまで多かったのですが、それが事実上できなくなってしまったのです。

 

しかし法律で専業主婦の借り入れを一切NGにしてしまうと、非正規の貸金業者(闇金業者)へ利用者が流れてしまうリスクもあります。

 

現実問題として違法に高い金利を請求する闇金業者を利用する主婦が増えている、という隠れた社会問題もあるのです。

 

こうした問題の背景には、専業主婦でも借りられる安全な場所があることを知らなかった、という知識不足が招いたケースも少なくありません。

 

そこでここでは、専業主婦が旦那さんに内緒でお金を借りる方法として残された2つの選択肢をご紹介します。

 

配偶者貸付を利用する

旦那さんの年収の3分の1までが借りられる配偶者貸付ですが、利用する為には3つの問題があります。

 

  • 旦那さんの同意書が必要
  • 配偶者貸付を行っているキャッシング会社が圧倒的に少ない
  • 提出書類が煩雑(婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本といった公的書類)

 

この3点から、配偶者貸付はあまり使い勝手がいいとは言えず、手間が掛かる割には旦那さんに内緒で借りることができないので、専業主婦が消費者金融で借りたい時に借りることが総量規制によって事実上できなくなりました。

 

総量規制対象外の銀行カードローンを利用する

総量規制の対象外となる銀行カードローンで、専業主婦でも限度額10〜30万円といった低めの設定で借り入れができる所もあります。

 

これが最も安全で安心な方法です。

 

ただし条件として【旦那さんに安定した収入があること】と【旦那さんの信用情報が綺麗であること】が必要です。

 

この条件をクリアすれば、配偶者貸付のように旦那さんの同意書も不要なので、現実的に専業主婦が旦那さんに内緒で借りられる方法です。

 

★注意点★
旦那さんの会社へ在籍確認の電話があるカードローンもあるので、完全に内緒で借りたい場合には申し込み先を厳選する必要があります。

 

そこでお勧めなのは以下の銀行カードローンです。

 

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン BIG
  • 楽天銀行スーパーローン
  • じぶん銀行じぶんローン

 

また、旦那さんの会社への電話連絡以外に、原則としてどのカードローンを利用してもローンカードや契約書が自宅への郵送されるので、旦那さんに見つからないように注意しましょう。

 

その他、銀行の場合は消費者金融よりも低金利なのは事実ですが、収入の無い専業主婦の場合には上限金利が適用されるのが一般的です。