返済ができなくなった場合のペナルティ

MENU

借りたお金を返済できなくなったらどうなってしまうのか?

頭を抱える女性

お金を借りたいと思っているときには、返済のことをじっくり考える人は少ないものですが、必要最低限の知識として返済できなくなった場合にどうなるのかは知っておきましょう。

 

キャッシングで借りたお金を万が一返済できなくなった場合、自宅や会社に怖い人たちが大声を上げて取り立てに来る…と心配する人も多いですが、現実的にはあり得ません。

 

具体的にどうなってしまうのかを、どちらかと言えば銀行よりも悪いイメージを持つ人が多い消費者金融を例にして解説します。

 

まず法律で定められた登録をしている正規の貸金業者である消費者金融の場合、貸金業法の第21条【取り立て行為の規制】で定められた取り立てについて取り決めを遵守しなければいけません。

 

大前提として私生活や仕事の妨げとなる行為を禁止しているのです。

 

21時〜8時以外の時間帯に電話をすること・FAXの送信・自宅への訪問について、正当な理由が無い限り禁止されているのです。

 

その他、以下のようなことも法律で禁止されています。

 

  • 勤務先に電話をかける、FAXを送信すること
  • 自宅へ来られた場合に「帰ってください」と伝えても居座ること
  • 借りた本人以外に返済を求めること
  • 他の金融会社から借りて返済を求めること

 

基本的に、日本は消費者保護の観点が強いので、取立てでイメージするような恐怖を感じるようなことは現実的にはありません。

 

ただし注意すべきは、消費者金融からの電話や督促状を無視すると【正当な理由が無い限り】という部分の対象とならないことです。

 

つまり、貸金業者がどうやっても債務者と連絡が取れない状況になってしまうと、様々な手段でコンタクトを取ろうと奔走する可能性もあるという事です。

 

それでも身の危険を感じるようなことはありませんので、そこは安心してください。

 

特に大手消費者金融であれば、警察が介入するような事件にはしたくないのでコンプライアンスも徹底していますので。

 

返済を迫られる具体的なステップ

電話確認

返済日に入金が無い場合、まずは消費者金融から確認の電話が入ります。

 

ここで電話に出て、「返済ができない」のか「うっかり忘れていた」のかを伝えましょう。

 

もし返済が苦しいのであれば、そこでオペレーターと返済スケジュールについて相談をして下さい。

 

キャッシングによって毎月の最低返済金額が決まっているので、そこまで返済金額を下げれば払えるようになるのであればその旨を伝えましょう。

 

大手消費者金融で10万円を借りた場合の最低返済金額(※千円未満の場合はいずれも切り上げ)

アコム 5000円(借入金額の4.2%以上)
プロミス 4000円(借入金額の3.61%以上)
アイフル 4000円(約定日制は4000円)
モビット 4000円

 

また、最低限利息だけを支払うことで返済資金を準備するという方法もあるので、返済に困った場合には初期段階でまずはオペレータに相談しましょう。

 

督促状の送付

電話連絡が付かない場合には、自宅へ督促状を送付します。家族と住んでいる場合には、この督促状を見られてしまうと借金があることがほぼばれてしまいます。

 

自宅への電話、訪問

督促状を送付してもリアクションが無い場合、最終的なステップとして自宅への電話、それでも応じない場合には自宅への訪問となります。

 

返済がストップしている間には罰金が発生している

空から降ってくるお金

仮に督促状が届くまで消費者金融からの連絡を無視していたとしても、その間に【遅延損害金】と言うものが発生しています。

 

概ね年率20.0%を設定している業者が多く、元金と利息に加えて支払わなければいけない罰金です。

 

この遅延損害金は元金に対して掛かるものであり、本来の返済日から遅れている日数分だけ支払わなければいけません。

 

レンタルビデオの延滞金みたいなものですね。

 

「何とか業者からの連絡を無視し続ければ借り逃げができるのでは?」と思っていても、実際にはこうした罰金がどんどん膨らんでしまうことを知っておきましょう。

 

信用情報上のデメリット

返済日を過ぎても入金が無い場合に個人信用情報にその記録がされてしまいます。

 

個人信用情報は加盟企業であれば閲覧できますし、以下に掲載する日本の3つの信用情報機関は情報を共有している点が重要です。

 

名称 登録している業種
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融・信販会社
株式会社 シー・アイ・シー(CIC) クレジットカード会社・銀行・消費者金融
全国銀行個人信用情報センター 銀行・信金・信組・農協系

 

今借りている消費者金融で返済事故を起こしてしまっても、全く別の銀行もその情報を入手する事ができてしまうのです。

 

つまり、他のキャッシング会社や個人信用情報を審査に用いるクレジットカード会社などで、この人は返済事故を起こす人だということが筒抜けになってしまいます。

 

ブラックリストの仲間入り

リストのチェック

信用情報以外の世界でも度々耳にすることのあるブラックリスト。

 

これは2〜3ヶ月以上の滞納をした場合に用いられる通称です。

 

ブラックリストというリストがあるのではなく、金融事故と呼ばれる返済トラブルを起こした人を指す言葉です。

 

こうして滞納期間が長くなりブラックリストとなってしまうと、その情報は簡単には消えません。

 

日本の個人信用情報機関のうち、1社は1年間、2社は5年間の延滞記録が残されてしまうのです。

 

信用情報機関 延滞記録が抹消されるまでの期間
日本信用情報機構(JICC) 1年
株式会社 シー・アイ・シー(CIC) 5年
全国銀行個人信用情報センター 5年

 

延滞事実を解消した日(完済した日)からどれだけ記録が残るのか?という長さなので、延滞し続けている限りは情報が消えることはありません。

 

ブラックリストになってしまうと個人信用情報の上での信用力が全く無い状態なので、返済のためにキャッシングでお金を借りる事は当然ですが、新しいクレジットカードの発行や銀行での各種ローンなどを組むことはできなくなります。

 

また、クレジットカード会社によっては強制解約される場合もあります。身内で保証人が必要な場合でも保証人として認められない、といった不都合があります。

 

お金を借りたいと思えば早ければ数時間後にキャッシングで借りることができる便利な時代ですが、必ず返済についての予定を立てて利用することが必須です。