キャッシングの特徴と概要

MENU

キャッシングの特徴と知っておくべきポイントを整理しよう

お金を借りる前に、まずはキャッシングがどんなものか知っておく必要があります。

 

キャッシングとカードローンという2つの似た言葉を聞いた事があると思いますが、意味としてはほとんど同じです。

 

厳密に定義すると、キャッシングは借りたお金を一括返済、カードローンは借りたお金をリボ払いで返済、という違いはありますが、今ではどちらもお金を借りる手段として同義語として扱われています。

 

キャッシング(カードローン)とは、文字通りカードを使用して借りるローンのことをいいますが、保証人や担保を取らないでお金を借りられるのが特徴です。

 

また、通常のローンはマイカーローンや住宅ローンなどのように利用目的が限定されていますが、キャッシング(カードローン)で借りたお金は利用目的が自由であるというのも大きな特徴です。

 

契約時にその人の返済できるであろう金額によって、借りることのできる上限金額が決められます。その決められた範囲内の金額で、ATMから直接現金を借りたり、自分の銀行口座に振り込んでもらったりしてお金が借りられます。

 

カードローンを契約する際には、審査に通らないとお金を借りることができません。
この審査は、貸し付けを行う金融機関による独自の社内審査に加え、信用情報機関に登録されている個人の信用情報によって行われます。

 

そしてこの審査の過程で在籍確認という本人確認の一種が行われます。耳慣れない言葉かもしれませんが、これはキャッシングを申込んだ際に申請した『勤務先』へ、キャッシング会社が『本当にその会社で働いているのかを確認』するための電話確認です。

 

ここでその会社に在籍していることを確認し、その人の返済能力を値踏みする意味があるものです。
→在籍確認についての詳細はこちらのページをご覧下さい

 

こうした審査を経てて、きちんとお金の返済能力がある人かどうかを判断され、社内の規定に見合わないと判断されると審査に落とされてしまいます。

 

例えば、きちんとした定職に就いていないフリーター、主婦や学生などは、返済能力に疑問が残るのでなかなか審査がおりにくいですが、最近では審査の基準も緩和傾向にあるので、正社員として働いていない人でも借りれるカードローン会社もあります。

 

カードローンでお金を借りると、その返済は借りた金額とそれに対する金利を合わせた金額を返済していくことになります。

 

一般的にはリボ払いで、借入金額がゼロになるまで、毎月決められた日に口座から自動的に引き落としされていきます。また引き落としではなく、コンビニATMなどでの返済もできるようになっているので、自分の生活スタイルに合わせて返済方法は選べるようになっています。また、返済に余裕のある月は予め決められた返済額以上にまとめて返済する事もできます。借りている期間が長ければ長いだけ、利息も高くなってしまうので早く完済することを心がけましょう。

 

↑お金借りたいTOPへ