即日発行可能銀行ローン

MENU

銀行カードローンを選ぶメリットは?

  • 年収の3分の1以上の貸付を制限する「総量規制」の対象外
  • 借りられる金額が消費者金融に比べて大きい
  • 金利が消費者金融より低い場合がある
  • 専業主婦でもお金を借りられる

銀行系のカードローンは、消費者金融に比べてこうしたメリットがありますが、銀行系を利用する恩恵が大してないのであれば、消費者金融(※大手に限る)を利用しても大差はありません。

 

今は消費者金融でも、大手の会社は銀行系の傘下になっていますし、金利がゼロ円という無利息期間を設定しているところもあります。ただ「即日融資を受けたい!」というニーズだけなのであれば、借りる金額にもよりますが、銀行系にこだわる必要もありませんよ。

 

ただ、様々な金融会社からローンを組んでいる場合に、銀行系でおまとめローンとして一括で返済をまとめて利用するというユーザーもいます。そうした「おまとめローン」として一本化をするには、やはり銀行系カードローンの強みがありますね。

 

ローンカードを即日発行!WEB→ATMの流れが最速

即日でお金を借りたいと思っても、銀行振込で受け取る場合には金融機関の「振込対応時間」を考えなければいけません。

 

中には初めて利用する方向けのキャンペーンとして、振込時間延長サービスを行っている会社もあります。しかし、それぞれに会社によって対応している金融機関も違いますし、一般的には14時前後が当日振込のボーダーラインとされています。

 

そうした場合、WEBで申込をしてから各金融会社が提携しているATMでカードを受け取って、現金を引き出すという流れが、最速でお金を借りる方法です。

 

ATMであれば、振込時間を気にする必要もありませんし、多くのATMは夜の9時頃まで営業しています。

 

ただし、ポイントはWEBで申込をしてからという点です。仮に店頭やATM(無人契約機)を直接訪れて申込をしても、審査に通るとは限りません。万が一、審査に落ちてしまったらそれこそ無駄足に終わってしまいます。

 

そうした時間のロスをしない為にも、あらかじめインターネットで申込をして審査も終わってから、ATMに行くという流れが大切です。

 

審査落ちが不安な場合は

審査落ちというのは、実はあなたが想像しているよりも重大な問題です。

 

最初に申し込んだA会社の審査に落ちてしまうと、当然ですが次に借りられそうなB社に申し込みますよね。となると、B社はあなたの審査をするために「信用情報」をチェックします。

 

そこで「同日A社への申込」の履歴を見ることとなります。普通に考えて、同じ日に複数者への借入を希望する人の信用情報は高いといえませんよね。となれば、A社の審査に落ちた経歴はB社の審査にも影響してきます。

 

一般的には2社程度であれば問題はないとされていますが、それでも審査に落ちないに越したことはありません。

 

審査に通るか不安に思われる方は、金融会社が用意している「事前審査」を利用するのが得策です。いくつかの入力フォームに個人情報を記載(年齢・年収・職業・他社での融資額など)するだけで、借入可能かどうかが分かります。

 

万が一、この事前審査に通らなくても、これはあくまでWEB上だけの仮診断なので信用情報には影響しません。

 

↑お金借りたいTOPへ