お金借りたい人に人気のキャッシングをまとめました

MENU

お金借りたい!とにかく急ぎでという人が選んでいるのがコチラ

どうしてもスグにお金を借りたい!即日融資で借りたい!そんな人は、大手のキャッシングを利用するのが利便性も高く安心です。振込みだけでなく、無人契約機の数も多いので、夜でもお金を借りることができますよ。

 

アコム
アコムイメージ
アコムが選ばれている理由

業界最大手の安心感と対応力で人気No.1なのがアコム。最短30分審査・30日間無利息という好条件だけでなく、オペレーターが親切で丁寧というユーザーの口コミも多い。
提携銀行もきちんと抑えており、楽天銀行には24時間振り込み対応、という使い勝手の良さもポイント。

審査 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 30日間・年利3.0〜18.0%
プロミス
プロミスイメージ
プロミスが選ばれている理由

女性ユーザーが多く、夕方以降の即日融資に強いのがプロミス。三井住友銀行の契約機も利用可能なので、使える契約機が断トツで多いのがポイント。
24時間最短10秒で振り込み融資が可能な「瞬フリ」は、提携銀行の三井住友銀行とジャパンネット銀行に対応しており、非常に口コミが良いサービスとなっている。

審査 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 30日間・年利4.5〜17.8%

 

キャッシング機能が付いたクレジットカードでお金を借りたいなら

「クレジットカードに付いているキャッシング機能」でお金を借りたいという場合には、まずはお手持ちのクレジットカードを確認してみましょう。

 

自宅に利用明細書が送られてくる場合には、「ショッピング枠:○○万円、キャッシング枠:○○万円」というように、キャッシングの利用可能額が記載されています。

 

明細書が届かない場合には、カード発行会社のホームページを確認してみましょう。

 

ただし最近では、クレジットカードに予めキャッシング枠が付帯していない場合も増えてきています。

 

基本的にクレジットカードは審査に1週間ほどかかるので、即日発行することはできませんが、アコムが発行しているクレジットカードは最短即日発行が可能でキャッシング枠が予め設定されています。

 

アコムのACマスターカード

 

このような概観デザインになっており、よほどのカードマニアで無い限り通常のクレジットカードと見分けはつきません。

 

最短30分審査で即日発行、年会費無料、国際ブランドのMasterCardというスペックになっています。

 

クレジットカードとしての使い勝手はさることながら、アコム提携ATMでキャッシングカードとして使うこともできます。

 

ちなみにコンビニなら、セブン銀行ATM・ローソンATMでお金を引き出せます。

 

20歳以上で安定した収入があれば申し込みOKです。

 

ホームページでカード発行の仮診断ができるので、クレジットカードでお金を借りたい方は試してみてください。

 

ACマスターカードの仮診断へ→

お金借りたいなら「今」の時間帯も気にしてみよう

お金を借りたいなら時間帯によって借り方が異なる点に注意が必要です。

 

キャッシングでお金を借りるには、大きく分けて3つの借り方があります。特に、急いでお金を借りたいという方は、方法によってタイムリミットが異なるのがポイントです。

 

  1. 通常の銀行口座への振込み
  2. ネット銀行の口座への振込み
  3. 無人契約機を利用する

 

通常の銀行口座への振込み

ポイント
平日13時頃までにキャッシングの審査申込をしておく必要がある。
土日祝は当日中の振込みは不可能。

通常の銀行口座への振込みの場合

ネットバンクではない通常の銀行口座に振り込んで欲しい!ということであれば、振込み(入金)が反映される時間を気にしなければいけません。

 

多くの銀行では15時までの入金が当日扱いになるので、そこがタイムリミットになります。つまり、15時以前にキャッシングサービスからの入金処理が終わっていなければいけません。

 

従って、当日中の借入が希望であれば、平日の14時頃までに審査を終えていることが必須となります。

 

審査にはどれだけ時間がかかる?

ネット申し込みを行い、審査が終わるまでには最短で30分ほどです。(※キャッシングサービスによって違いがあります)

 

ただし、あくまで最速タイムが30分ということなので、安全を見込んで1時間程度を考慮しておきましょう。

 

当日中に振込みをして欲しいのであれば、13時頃までに申し込みを終わらせておきたいところです。

 

当日中の振込みに融通が利くキャッシング

プロミス

三井住友銀行の口座をもっていれば、22時までの契約完了で最短10秒で振込みをしてくれる「瞬フリ」というサービスもあります。

 

ネット銀行の口座への振込み

ポイント
基本的には通常の銀行と同じだが、楽天銀行とジャパンネット銀行なら融通が利く。

ネット銀行口座への振込みの場合

基本的にはネット銀行であっても、当日中の振込み(入金)が反映される時間に違いはありません。(多くの場合が15時)

 

ですが、以下のネット銀行口座をお持ちの場合は、キャッシングサービスによっては土日祝の夜でも入金が可能です。

 

楽天銀行の場合

アコムでは、楽天銀行の口座を持っていれば24時間振込みが可能です。

 

ジャパンネット銀行の場合

プロミスでは、ジャパンネット銀行の口座をもっていれば、22時までの契約完了で最短10秒で振込みをしてくれる「瞬フリ」というサービスもあります。

 

無人契約機を利用する

ポイント
曜日に関係なくお金が借りられて、夜21時〜22時まで営業している契約機が多い。

無人契約機の場合

各キャッシングサービスが街中に設置している無人契約機を利用する場合には、銀行口座の有無や平日・土日に関係なくスグに現金を受け取ることができます。

 

多くの無人契約機は夜21時〜22時まで営業しているので、それまでに審査を終えていれば問題ありません。

 

契約機から発行されるキャッシングカードを手にすれば、契約機に隣接しているATMだけでなく、提携しているコンビニATMなどからでも現金を引き出すことができます。

 

つまり、キャッシングカードさえ入手すれば、24時間営業しているコンビニATMからいつでもお金を借りることが可能です。(※キャッシングサービス提携ATMに限る)

お金借りたいなら誰でも知ってる消費者金融を上手に活用しよう

身近になった消費者金融でのキャッシング

お金借りたいなら誰でも知ってる有名な消費者金融を上手に活用するのが、最も安全で手っ取り早い方法です。

 

日本人の10人に1人(約1300万人)が消費者金融を利用していると言われています。

 

デフレによる不況が長引く中、景気が良いのはごく一部の人たちだけで、一般の多くの人たちはお金に困っていることがこの数字からよく分かります。

 

そんな中で、審査も早くスグにお金が借りられる消費者金融を利用する人たちが増えたということです。

 

自ら進んで「カードローンを使ったことあるよ!」といわないだけで、非常に多くの人が今までに消費者金融のカードローンでお金を借りた経験があるということです。

 

アコムやレイクやプロミスなど、タレントや芸能人を使ったCMが日常的に流れ、とても身近でスムーズに耳に消費者金融の【安心】【安全】が入ってきていると思います。

 

大手の消費者金融は、メガバンクのグループ企業となっていることが大半です。知名度のあるところで借りる分には安心感があるので、始めての方は、このような身近に知っている消費者金融からお金を借りるのをお勧めします。

 

お金を借りるに当たっての条件

  • 20歳から69歳までの個人での生活に安定してる方
  • 主婦や学生でもアルバイトをしていて安定した収入のある方

 

どなたでも一つは当てはまる条件だと思います。また、その際に【運転免許】【健康保険証】【パスポート】といった身分を示すものが必要となります。外国籍の方は、【在留カード】や【特別永住者証明書】といったものが必要になります。

 

ポイント
上記のような「収入のある主婦や学生」でも、お金を借りることはできますが、一般的な会社員と比べて社会的な信用度が違うので限度額に差が出るケースがあります。

 

↑お金借りたいTOPへ

 

即日でお金を借りたいなら銀行系より消費者金融が人気

笑顔でガッツポーズをしている女性

カードローンは大きく分けて【銀行系】と【消費者金融系】に分けられます。

 

銀行系は金利が低く限度額が大きいというメリットもありますが、審査が厳しいので即日融資の観点からすると、スピード感に欠けるというデメリットもあります。

 

その点、消費者金融系のカードローンであれば、銀行系よりも審査のスピードも早く借りやすいので、すぐに借りたいのであれば消費者金融系のカードローンをお勧めします。

 

ただし、銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と、それぞれに規制されている法律が異なります。従って、年収の3分の1以上はお金が借りられないという貸金業法の総量規制に【銀行は対象外】となり、【消費者金融は対象内】となります。

 

それぞれの特徴を正しく理解した上で、その時々のニーズに合わせてカードローンを選ぶのが賢い利用法です。

 

ポイント
銀行系:急いでいない、数百万単位で借りる場合にメリットが大きい
消費者金融系:即日借りたい、小額を借りる場合にメリットが大きい

 

消費者金融の金利を低くする方法

上部で消費者金融系カードローンは、銀行系に比べると金利が高いと書きましたが、大手の消費者金融では所定の条件を満たした人は「一定期間は利息ゼロ円」という無利息サービスをおこなっています。

 

そうした無利息期間のうちに、なるべく多くの返済をしておけば元金が減るので、結果的に見た目の金利よりも支払う利息は抑えられます。こうしたお得なサービスがあるカードローンを活用しましょう。

 

大手でこの無利息期間サービスを展開しているのは、「アコム・アイフル・プロミス」です。それぞれに微妙にサービス内容が違う(無利息期間や適用される金額など)ので、ホームページで詳細を確認してください。

 

ポイント
銀消費者金融でも大手がサービスしている「無利息期間」を活用すれば、見た目の数字ほど利息は高くならない

 

シュミレーションを活用する

スマホ片手にOKサインを出している女性

カードローン各社のホームページには、「借り入れ事前診断」や「返済シュミレーション」など便利な機能が備わっています。

 

特に本審査前に「自分がいくらまでなら借りられそうか?」「本当に審査に通るのか?」などの疑問を解消してくれる事前診断チェックは必ず使用しましょう。

 

年収、年齢、雇用形態、融資希望額など、いくつかの項目を入力するだけで、すぐにその条件での貸付が可能かどうかが分かります。この事前診断で仮にNGとなっても、信用情報には記録されないので気軽に活用しましょう。

 

それと同時に、「完済するまでに毎月いくらぐらい返済するのか?」が分かる返済シュミレーションで返済スケジュールを把握しておくことは大切です。

 

ポイント
借り入れ診断や返済シュミレーションなど、カードローン会社がホームページ上で提供している機能は必ず活用する

 

↑お金借りたいTOPへ

 

消費者金融と闇金は全く違います

あまり知らない方だとどちらも大差がないと思いがちですが、この両者は全く違います!

  • 消費者金融とは、法律(貸金業法)に沿ってお金を貸している業者
  • 闇金とは、法律を無視してお金を貸している業者

このように法律に触れているか、触れていないかという大きな違いがあります。

 

怪しい違法な闇金業者

インターネットなどで闇金と消費者金融を同じに考えてしまってる方も沢山いるようですが、全くの別物だという認識が多くの人に伝わればいいなと思っています。

 

ブラックでもOK!誰でも即融資可能!という、いい事しか書いていないような消費者金融は、闇金じゃないのか?と疑ってかかるぐらいが丁度いいです。信用情報がブラック属性の人なのにお金を借りられるなんて、常識的に考えればおかしいことが分かるはずです。

 

そうして「誰でも借りられる」という甘い罠に掛かった人たちに、暴利でお金を貸し付け、返済が少しでも滞ると違法な取立てを始めます。

 

取立ては法律で厳格に禁止されていますが、そもそもが違法な業者なのでルールを無視した強引な取立てをすることは当然ともいえます。

 

簡単にできるヤミ金の見分け方を知っておこう

正規の貸金業者と違法なヤミ金業者を見分ける方法は、多少の専門知識を持っていれば簡単です。しかし一般の人が、お金を借りたいと思ったときに貸金業についての知識をつけることは非現実的です。

 

お金借りたいという時には、誰もが名前を知っている有名なキャッシングを利用するのが最も安全ですが、念のために以下の方法で確かめるぐらいの慎重さがある方がいいかもしれません。

 

電話番号の確認

これが最も簡単なヤミ金業者を見分ける方法です。

 

広告に電話番号を掲載する際には、必ず固定電話かフリーダイヤルの番号を載せることが貸金業法で定められています。

 

つまり、携帯番号を広告に掲載すること自体が法律違反という事です。

 

貸金業者が広告に載せる情報については、貸金業法において厳格なルールが定められており、それを違反していること自体が怪しい業者ということです。

 

登録番号の確認

お金を貸すビジネスを行う貸金業者は、必ず都道府県や財務局などに届出を出さなければいけません。これは法律で定められているので、例外はありません。

 

そして届出が受理されると、「関東財務局長(1)第○○○○号」のような登録番号を発行してもらえます。

 

どこの財務局が受理して、届出が何回更新されているのか?がこの登録番号から分かるようになっています。

 

その登録番号をインターネットで検索できるようになっています。

 

登録番号検索サイト→登録貸金業者情報検索サービス(金融庁提供)

 

ここで検索をしても何もヒットしないということは、虚偽の情報を掲載している=違法な業者、という事です。

 

ポイント
ヤミ金は法律を無視した違法な貸金業者です。消費者金融とはまったく別物なので、お金を借りるなら安全な大手の消費者金融を利用してください。

 

お金を借りるのに参考となるサイト

お金を借りる際には、様々な法律が私たち利用者と貸主を守っています。その概要などは当サイトでも掲載しておりますが、より踏み込んだ情報を知りたい方にお勧めのサイトを掲載しておきますので、ご参照下さい。

 

日本貸金業法協会
日本貸金業法協会のホームページです。お金を借りる際の基本的な条件についての情報が掲載されています。

 

↑お金借りたい人に人気のキャッシングへ